利益力パワーアップ会社改造大作戦ミカ・ソロモン評判レビュー

こんにちは、

コピーライターのタイキです。

今回は、ミカ・ソロモンの「利益力パワーアップ会社改造大作戦」

という本の評判レビューについて話していきます。

bkd

この本ですね。

アマゾンには売っていません。ダイレクト出版が販売している翻訳書です。

利益が上がる会社と赤字になる会社の違い

アップルのように、お客に好かれ、リピーターどころか

お客が自ら「歩く広告塔」になり、積極的に商品を広めていく会社がある一方で、

在庫をかかえ、いつまでたっても売れず、赤字になる企業があります。

この違いは、いったい何なんでしょうか?

勿論、商品が売れるか売れないかは実際にリリースしなければ分かりません。

多くの企業は、リサーチに時間をかけ、お客様の声を聞こうとし

それを元に商品を作成しますが、そこまで資金と労力をかけても

なかなか売れません。これでも成功率は、約10分の1です。

商品が、売れるかどうか、つまり買うかどうかはお客次第です。

お客様の声を参考にしても売れる商品は作れない

しかしながら、お客に聞いてもほとんどの場合は無駄です。

なぜなら、お客自身も「本当に欲しい商品が何かわかっていない」のです。

だからいくらアンケートで声を聞いても空うちに終わることがあるのです。

では、アップルなどの企業がなぜヒット商品を連発できるのかというと

それは、ミカ・ソロモンいわく「予測型顧客サービス」です。

予測型顧客サービスとは、

お客が声に出さないニーズや悩みを先回りして知り、それを解決する商品、サービスを

作り出すことでお客を虜にして離さないようにすること

です。

お客が自分が求める物を提供してくれる企業に好感を持つのは当然ですよね?

彼らのニーズにきちんと答えられるあなたの会社は、お客にとってなくてはならない存在なのです。

アップルは、この地位を築くことができました。

その結果、今は熱狂的な信者が沢山いますし、アップル社の商品を利用する人は

口コミで自然と増えている状況です。

つまり、利益を生み出す会社を作るには、予測型顧客サービスで

お客のニーズを先回りして、それを解消できる商品、サービスを提供して

お客の方からあなたの会社をどんどんと口コミで広めてもらう必要があるのです。

この具体的な方法に関しては、ミカ・ソロモンの「利益力パワーアップ会社改造大作戦」

に詳細に、ステップバイステップに解説されています。

顧客が探し求めている製品やサービスを
他社よりいち早く本人が求める前に提供する。

顧客が適正だと感じる製品や
サービスの価格設定を行う。

顧客の時間と労力を省き、
付加価値をもたらす商品・サービスを提供する。

これらの方法を知り、利益を10倍、100倍に上げていきたい経営者のあなたに

この本は、おすすめです。

> 利益力パワーアップ会社改造大作戦

追伸

この本には、90日間の返金保証がついています。つまり、一度読んでから

あなたの会社の利益が上がるかどうかを判断していいのです。もし役に立たなければ、返金されます。

まったくのノーリスクであなたの会社の利益を上げることができるチャンスですので

どっちみち行動しない理由は、ないと思います。

>> とりあえず、90日間立ち読みする!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です