行動の科学マイケルボルダックの本評判レビュー内容ネタバレ。

コピーライターのタイキです。

書店ですごく目立つ本があったのでつい手に取ってしまいました。

それは、マイケル・ボルダック(michaelbolduc)の

行動の科学という本です。

これです。

前作の「達成の科学」が割と名作でしたので

マイケルボルダックの新作とあれば、読まない理由はないですね。

個人的にマイケルは、好きなコーチです。

img_0

彼は、若いころはアンソニー・ロビンズの会社に入っていて

そこでコーチングを学んだといわれています。

anthony_about

ですので、彼のコーチング理論は結構アンソニーロビンズとかぶっている面があります。

とくに「快楽」と「痛み」の原則はそうですね。

「快楽」と「痛み」の原則とは、人は快楽を求め、痛みを避けるために行動するという性質を利用し、

痛み、快楽と達成したい目標と結びつけてモチベーションを出して

行動する方法です。

これはかなり効果的です。

例えば、喫煙者はタバコを吸うことを「快楽」と思い、

禁煙を「痛み」だと思っているのです。

この人が行動できるようにするには、

喫煙者にタバコを吸うことを「痛み」にして

禁煙を「快楽」にすればいいのです。

こうすれば、痛みを避け、快楽を求めて人は行動するので

この人は、そのように行動できるのです。

行動の科学で語られているのは、この

「快楽」と「痛み」の原則を使い、行動できるようにする方法です。

例えば、今あなたがダイエットに成功できないならば、それは

運動、食事制限という「痛み」を避けるという行動をしているからなのです。

実際に、痩せる「快楽」よりも運動、食事制限という「痛み」を避けるという行動を優先しているため

なかなか痩せることができないのです。

「快楽」と「痛み」の原則では、人は

快楽を求め、痛みを避けるために行動するのですが、

モチベーションの強さでは

痛みを避けるモチベーション > 快楽を得るモチベーション

です。

痛みを避けるというモチベーションが本当に強いということを理解してください。

これは行動へのモチベーションに使えるのです。

つまり、現状維持を「痛み」として使えば、

それを避けるために行動しますよね?

行動の科学で語られているのは、そういったことです。

凄く参考になり具体的でわかりやすくかったです。

行動がなかなかできない人は、読んでみてください。

マイケルボルダックはやはり本物ですね。

ネットビジネス業界では、変な情報起業家と組んでいるせいで

小物臭がしたのですが、本の内容を見るかぎり、彼は詐欺師でもなく

本物コーチだと思いました。

>>行動の科学――先送りする自分をすぐやる自分に変える最強メソッド

追伸

朝に、ボクシングのシャドーをしたくなるくらい元気にあふれた健康体になる方法。

朝、布団から飛び跳ねて起きてしまうほど活気が出る究極の「動作」とは?

>>詳細はこちら

タイキの自由になるための特別講座のご案内

プレゼンテーション1
現在、初心者からでもネットだけで

月26万円以上稼げる方法をメルマガにて無料で公開しています。

さらに、アフィリエイト初心者のために

初心者が月10万円を確実に稼げるようになるための

教材(24800円相当)を無料プレゼントしていますので、

興味がありましたら、下からどうぞ。

>>プレゼントを受け取る

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です