エベン・ペーガンの「デジタル・プロダクト・ブループリント」は売れてるのかな?

最近、やたらと「エベン・ペーガン」なる外国人がゴリ押しされています。

っていってもゴリ押ししてるのは、ダイレクト出版ぐらいですけど(笑

ただ、もう最近のダイレクト出版は、「ネタ」がないんだろうな・・・とは感じる。

どうやら最近のダイレクト出版は、拡大志向らしいので、とにかく売上を伸ばすことを考えています。

ダン・ケネディやリッチ・シェフレンをゴリ押ししてきたけど、一般受けしないから、数をさばけない。

そこででてきたのが、この「エベン・ペーガン」さん。

サラリーマン受けしそうな「商材」をだしています。特に「デジタル・プロダクト・ブループリント」なんかがそうですね。最近のD出版は拡大に走っているので、ターゲットも経営者や個人事業主からサラリーマンになっています。

そういう変化が見て取れます。

ただ、個人的な見解ですが、あまり売れてなさそうだと思ってます。

LPを見る限り、狙っている層は、間違いなく独立志向の強い人ですが、全体的に「難しそう」「再現性がなさそう」といった疑念が生じます。

しかもどこの馬の骨かわからない外国人が「あなたも自由になれる!」とかいっても、「いや、俺は無理だよ。あんたとは違う」って感じるのが普通ですよね。

一番の問題は、やたらと「ベネフィット」を訴求している割には、それを実際に享受できそうな現実感が全くないことでしょうか。

この教材で人生が変わるとは、到底思えない・・・・と感じます。

そんなかんじでちょっとさばくのは、難しそうだな・・・って思います。まあ、自分は購入したんですけど(笑

内容を見たんですけど、本編の動画見るのがとにかく辛かった。わけのわからない外国人が一人で1時間とかしゃべってる動画って見るのが辛くないですか?これが美女ならまだ見てられるんですけど。

そういうわけで、途中からは、要点をまとめたPDFだけを見てました。

それと個人的に感じたことが、「デジタル・プロダクト・ブループリント」本編よりも特典の「アドバンスド・デジタル・プロダクト・クリエイション」や「トラフィック・インテンシブ」の方がはるかに役に立ちました。

むしろ、こっちが本編といってもいいぐらい(笑)

たまに、特典なしで「デジタル・プロダクト・ブループリント」が半額で買えるキャンペーンやっていますが、むしろ「特典」の方が価値があると思うので、あまりおすすめしません。

普通に購入した方がいいですよ。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です