孤独な人間に成功者が多い理由と成長の過程

どうも、こんにちはタイキです。

今日は、一つ興味深い話をしていこうと

思っています。

それは、孤独な人間には成功する人が多いということです。

天才と呼ばれる人や成功者には、孤独な人が多いのです。

または、孤独な時期を過ごしていたことがあるのです。

もうこれは、ほぼすべてに成功者に共通していることです。

逆に、あまり孤独を過ごさなかった人には、成功者というのは

なかなかでてきません。

実は、これには理由があるのです・・・・

成功者が孤独である理由とは・・・?

まず、一般的にこの世で成功しているとされるものは、

全体の5%しかいません。

ほかの95%はよくも悪くも普通であるわけです。

この時点で少し察しがつく人もいるとは思いますが、

成功するためには、人と同じことをしていては無理です。

抜き出るためには、他人と違うことをする必要があります。

かの、スティーブジョブズですら、

成功したければ、他人と違うことをやれと言っています。

周りの人間と同じことをやっていて、違う結果が出せる人は

1を聞いて、10を学ぶ超天才のみです。

普通は、他人と同じことをやれば、だいたい同じ結果に収まります。

ということは、成功者は他人と違うことをやった結果、成功できたのです。

その他、大勢と同じことをやっていたらおそらく今の彼らは存在しないでしょう。

実は、人間の習性として周りの人間と同じことをしてしまう

ことがあります。

これは、人の本能です。

昔から集団生活を送ってきたために、そういう他人と同じことを

すると安心する本能があります。

そして人は、それを周りの環境や人間にも求める傾向があります。

だから、何も他人とおなじことをするのは悪いことではないですが、

成功するという目的がある人にとつては、邪魔なものなんですね。

ここで、一つ

将来、成功者になる人間はわかってきます。

「周りの人間のいうこと、することは,

すべて俺にとっては悪例でしかない・・・」

このような思考にとらわれはじめます。

実際、これは事実です。

周りの人間は、

お金が稼げない、成功できない思考だからこそ

そのような行動をとります。

情報ビジネスは詐欺だとか、投資は危険とか言い出します。

そしてそれに、合わせるとどうなるか・・・

周りと同じになりますね。

これでは、成功どころではないでしょう。

両親が言うこと

親友が真剣に語るアドバイス

恋人が将来のことについて語ること

周りが発言するこれらすべて、

そのまま鵜呑みにしてはいけないのです。

鵜呑みにすると、待っているのは

その他大勢の成功できない人生です。

これほど辛く、孤独を感じることはないでしょう。

人と話していてもそれを一度自分で「成功できない思考」

判断して切り捨てなければ、いけないのですから。

誰も理解できない思考の違いに苦しむ羽目になり、

その辛さに、耐えかねて一人でいるという状態をとります。

成功者が孤独であるのは、自分で選択した結果です

日々の人間関係で

「成功する思考」と「成功できない思考」の衝突が起こり、

相手のいうことに納得できない。

そして、成功するためにはそれを悪例だと判断し、

切り捨てなければいけないのです・・・

このような状態になるために、成功する人間は周りと距離を置きます。

なぜかというと、’

成功するためには、彼らは足手まといにしかならないからであり、

そして、容赦なく周りの人間に影響されないように切り捨てられる人間しか

成功できないからです。

友達を置いてけない・・・

自分だけ成功するのも・・・

彼女がほどほどの生活で満足で、仕事に熱中させてくれない・・・

こんな周りの期待に応えようとする

人間がそもそも成功できるはずがないです。

なぜなら、周りの人間の期待に応えようとする時点で

そいつは、他人の欲を満たすために生きており、

その時点で他人の人生を生きているからです。

成功する人間は、自分にとつて何が大切か適切に判断し

行動します。

他人に反応する人間ではありません。

一流の中の一流とは?

プロのサッカー選手を100人集めて、その中の

一流の中でさらに一流と呼ばれる人たちには、

ある2つの共通点があったのです。

それは、なんだと思いますか?

それは、

1.一人で打ち込んだ時間が長い

2.誰よりも多く練習している

です。

成功するためには、周りの人間より人1倍努力しなければ

いけないですし、

さらに、一人で打ち込む時間も人より多くの時間を必要とするからです。

なぜ、一流の中の一流は一人で打ち込む時間が長いかというと

これも答えは単純です。

それは、

「人は一人でいる時が最も成長する」

からです。

基本的に、人がもっとも成長するのは

思考しているときです。

人間だけに与えられたこの能力を使いこなしているとき、

人はありえないくらいの成長をします。

先ほども言いましたが、

基本的に人は、周りの環境に強く影響されています。

「俺は流されない!」

と思っていても誰かと一緒にいると

無意識でその人から影響を受けてしまいます。

他人の言葉や思考に汚されます。

他人の行動に影響されます。

これは、ミラーニューロンの発見で解明されていることです。

人は、一人でいて

なおかつ

思考しているときに、もっとも自身のパワーを発揮します。

自分の理想的な将来、

自分の生まれてきた理由

このようなことを考えれば考えるほど、脳力(潜在能力)

が発揮されていきます。

そして、現代人の多くは考えるということをしません。

他人と群れていて、思考停止状態で楽しく過ごしている

人ばかりです。

ユダヤ教の教えにも、休日は内省せよという言葉があります。

これは、「一人で自分について考え、改めよ」ということです。

人が、未知の世界に遭遇し、偉大なる力を発揮するのは思考しているときです。

だから、ユダヤ教では、このような一人で考えることが重視されているのでしょう。

一流の人間とは、自分を見つめられる人です。

自分の生き方を決めることができた人が成功するのです。

人は、そもそも目標を持ち、それを達成するようにできています。

自分の哲学を持たない人間が、成功できるはずもありません。

 

追伸

こちらの記事もどうぞ。

友達がいない孤独な男は成功者になる素質があるのか?大学生、社会人

<会社勤めの日々にさよなら>

オンラインで手早く簡単に収入を得る道はもう開かれています。
利益を生み出すニッチを生成し、
何もしなくてもお金が勝手にじゃんじゃん入ってくる
驚くほどシンプルな秘訣とは?

>>詳細はこちらをクリック

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です