情報弱者(底辺層)に受けるセールスレターと上位層に受けるセールスレターの作り方

どうも、こんにちはタイキです。

今日は、情報弱者いわゆる底辺層に受けるセールスレターと

上位層に受けるセールスレターの作り方について話していこうと

思います。

まず、ネットビジネスで稼ぐ系の教材を書くとき、そのターゲットは

情報弱者(底辺層)か情報強者(上位層)なのかリサーチしてください。

情弱とは、ネットビジネスについての知識があまりない人のことです。

皆、最初はこの段階なのでこれは別に悪いことではありません。

僕も今でこそ、ネットビジネスを理解していましたが、初期のころは

かなりの情弱でした。

つまり、誰もが通る道だと言えます。

そういった人たちが、自分で勉強して稼げるようになると上位層になります。

勿論、この情弱と上位層では考えていることがまったく別ですので

コピーの方もそれなりに合わせなくてはなりません。

そこで具体的に、どうセールスレターに仕組みを入れておくのか

説明していきます。

底辺層(情弱)向けのレターの特徴とは?

1.いかに、楽して稼げるのか

まず、情弱が求めているのがこれ。

いかに、楽をして稼げるのか。

ほったらかしで稼ぐ魔法の錬金術

スマホのゲームをするように、3回クリックしてお金を稼ぐ禁断のビジネス

このようなキャッチコピーは、情弱に受けがいいです。

世の高額塾は、情弱をターゲットにしたものが多いので

このようなキャッチコピーを使っています。

2.返金保証がついていること。元が取れることをはっきりいう

底辺層は、とにかくリスクを避けたがります。

成功体験がなく、ネガティブですので、自分でも稼げるということを実感していないのです

ですので、最悪あなたのお金は返金保証で帰ってきます。

これは、数か月で元は取れます。

などしっかりと言ってあげるのことです。

とにかく、彼らは悪い方向に考えがちですので、明るい未来を見させて上げましょう。

上位層(情報強者)向けのセールスレターとは?

その一方で、上位層に受けがいいセールスレターというのも確かに存在します。

それは、以下のような特徴があります。

1.今のままでいいんですか?ステージを上げませんか?

ある程度、稼いでいる人が多い上位層には、

現状維持で満足しているのですか?

もっと上を目指すべきではないのですか?とオファーを出します。

現状維持がいかに危険で、この教材であなたがいかに成長できますよ

とアピールするのは、上位層には非常に受けがいいのです。

2.情報弱者は、買わないでくださいとレターに書いてあること

そして上位層をターゲットにしたセールスレターには、情弱を排除する言葉などが

あることです。それにより、情弱は消えていくのですが

上位層は、そうは思いません。あえて、情弱が排除されているので

これに参加しなければ、自分はダメな側なのか

と認識するのが上位層です。

以上がそれぞれの違いです。

いかがでしたか?参考になりましたら幸いです。

タイキの自由になるための特別講座のご案内

プレゼンテーション1
現在、初心者からでもネットだけで

月26万円以上稼げる方法をメルマガにて無料で公開しています。

さらに、アフィリエイト初心者のために

初心者が月10万円を確実に稼げるようになるための

教材(24800円相当)を無料プレゼントしていますので、

興味がありましたら、下からどうぞ。

>>プレゼントを受け取る

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です