売れるセールスレターを作るために絶対に外してはいけないこと!

コピーライターのタイキです。

今日は、売れるセールスレターの作り方について話していこうと

思います。

多くの人は、売れるセールスレター=テクニックや型に

当てはめれば出来上がるといっていますが、

厳密にいうとそれだけやっても売れるセールスレターを書くことは

できません。

変な心理テクニックやセールスレターの雛型なんかよりもはるかに

大切なことがあるのです。

それは、証拠です。

売れるセールスレターには絶対的な証拠があります。

まず、セールスレターに書いてある内容を基本的に信じる人は

いないわけです。

見込み客は疑って読みます。

要するに、信じさせることが一番難しいのです。

変なテクニックや強い言葉や興味をちらつかせれば

読んではくれますが、信じてはくれません。

だから購入してくれないのです。

それゆえに、売れるセールスレターを作るのに、

もっとも大切な要素は、絶対的な証拠です。

本当に大切なことですので、何度もいいますが

売れるセールスレターを作るためにもっとも大切なのが

絶対的な証拠です。

これがなければ、見込み客はセールスレターに書いてある内容を嘘だと

疑い、絶対に購入してはくれません。

たとえば、株で1億稼ぐ方法教えます!

とかいっても

「絶対に嘘だ!」と思いますよね。

セールスレター内容を裏付ける絶対的な証拠が必要なのです。

それがあれば、見込み客は信じてくれますし、購入してくれます。

だから売れるセールスレターには、信じてもらうということが一番大切なのです。

絶対的な証拠、見込み客に信じてもらうには?

では、売れるセールスレターを作るために信じてもらわなければ

だめですが、どうすれば見込み客が信じてくれるのかというと

12個の方法があります。

それは、

・デモンストレーション

・クリエイティブな保証(ただ返金します。じゃあつまらない)

・具体性

・暴露(私がこの業界の真実を暴露します・・)

・メカニズムを説明する。専門家という視点での解説

・逆説を唱える(今までの自分を捨てて進化したことをアピール)

・相手の猜疑心を認める

・信頼できる推薦文(ちょっと稼いでいるネット起業家からもらっても効果なし)

・お客様の声

・商品の欠点、デメリットをあえてかたる(控えめに言う)

・専門的(プロフェッショナルであること)

です。

いろいろ方法はあると思いますが、信じてもらうには

これら12個の方法を入れるといいです。

これらの要素を証拠としていれておけば、見込み客は信じます。

そうすれば、売れるセールスレターが出来上がります。

タイキの自由になるための特別講座のご案内

プレゼンテーション1
現在、初心者からでもネットだけで

月26万円以上稼げる方法をメルマガにて無料で公開しています。

さらに、アフィリエイト初心者のために

初心者が月10万円を確実に稼げるようになるための

教材(12800円相当)を無料プレゼントしていますので、

興味がありましたら、下からどうぞ。

>>プレゼントを受け取る

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です