個人がブログでお金を稼ぐ方法。個人が稼ぐ時代到来!フリーランス

コピーライターのタイキです。

最近はひしひしと時代の変化を感じています。

それは、

「個人でお金を稼ぐのが当たり前になってきている」

ということです。

昔は、就職したり、アルバイトでお金を稼ぐのが当たり前といった感じでしたが、

21世紀現代では、「インターネット」というツールがあります。

はっきり言ってこの文明の利器を使わない手はありません。

中でも最近は、ブログを使って稼いでいるブロガーや

Youtubeに動画を投稿して稼いでいるYoutuberがいます。

個人でもブログ、SNS,Youtubeなどのメディアを使用することで

稼げる時代になってきているのです。

勿論これだけで月商100万円とか達成するのは、かなり難しいですが

独身が1人で食っていくぐらいならば、(月収25万円程度)

ある程度の努力は必要ですが、無理なく達成できるレベルです。

ですので、会社などの組織に雇われて稼ぐ以外にも

個人で稼ぐという選択肢を視野にいれてほしいと思います。

インターネットがあるおかげで、「個人事業」がしやすくなったのです。

ブログ、Youtubeでもアフィリエイトをしたり、

グーグルアドセンスといった広告を挿入することで稼ぐことはできます。

「起業したいけど資金がないです」

というのは、もはやただのいいわけです。

今の時代は、ブログ1つでも起業することができるのです。

フリーランスが当たり前の時代

今の日本では、サラリーマンとして給料を得るライフスタイルが主流ですが、

そのうち、個人で稼ぐフリーランスが主流になっていくでしょう。

アメリカでは、既に労働人口の4人に1人がフリーランスです。

インターネットが発展して個人でもビジネスをできるようになったからであり、

今後もこの流れは主流になるでしょう。

経営者 と フリーランス

そしてこれからの時代は、

会社での事務仕事などは、ロボットや機械、AI(人工知能)などが担当するように

なります。経営者としては、月収20万円程度で文句を言う人間よりは

文句も言わず正確に働いてくれる機械に任せた方がはるかに効率がいいのです。

こうなったとき、持つものと持たざる者の闘いが始まります。

資源を持つ経営者、そしてオーナー、株主とそれを持っていない一般労働者です。

前者は、さらに人件費を抑えられるようになり、裕福になる一方、

後者は、仕事を機械に奪われる羽目になります。

そうなると就職ができないのでフリーランスとして活動をせざるをえないです。

各々が何かしらのスキルを磨いてそれを武器にして商売をしていく時代になります。

そのためのツール(インターネット)も既に整っています。

就職ができるのは、一部の超エリートだけ。

他は、無職かフリーランスという厳しい時代です。

「そんなこと起こるわけない!」

と思われたかもしれませんが、厳に今の時代は

個人が簡単にインターネットで稼げるようになっていますし、

AI(人工知能)などの開発も進んでおり、ソフトバンクなどはこれを導入すると

言い始めました。

残念ながら、持つ者と持たざる者の闘いは水面下で既に始まっています。

これからの時代は、個人が何らかのスキルを身につけてそれを武器にして商売をする必要がでてきます。

追伸

厳しい世界ですが、僕はむしろこれを喜んでいます。

なぜなら個人が稼ぐ時代というのは、怠惰な人は自動的に脱落していくシステムだからです。

逆に、努力家はどんどん上に行けるシステムです。

今の日本の給与体系は、共産主義のようなもので年功序列の企業では

若いうちに成果を上げても給料は同僚とほとんど変わりません。

こうなってしまうとモチベーションを無くしてしまうと思うので

これは、優秀な人材を潰してしまいます。日本的にもよくありません。

努力すればするほど成果が出てくるのがこれからの時代なのです。

怠け者には厳しい世界です。

追伸2

ひとまず、ブログで稼ぎたいけど何をしたらいいのか分からないという方は

こちらのレポートを見てください。

⇒ 最速最短で月収5万円を稼ぐアクションプランニングシート

これであなたもフリーランスです。

タイキの自由になるための特別講座のご案内

48112177_624

現在、初心者からでもネットだけで

月26万円以上稼げる方法をメルマガにて無料で公開しています。

さらに、アフィリエイト初心者のために

初心者が月10万円を確実に稼げるようになるための

教材(12800円相当)を無料プレゼントしていますので、

興味がありましたら、下からどうぞ。

>>プレゼントを受け取る

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です