知っているのと「できる」のとは、まったく違う。

知っているのと「できる」では、大きな違いがあります。たぶん、どこでもこんなことは言われ尽くされていると思いますが、これは事実です。

知識として知っているのと、「実践ができる」には、大きな差があります。
特に、それが顕著なのが、コピーライティングやナンパです。コピーのテクニックだったり、ナンパのテクニックだったり、、、こういうのって、皆なんとなく、知識としては知っていると思うんですよ。

でも、実践はできない。なぜなら練習していないから。勉強して知識を入れるだけで終えてしまっている人が非常に多いんですね。例えば、コピーライティングだったら、教材を買って勉強しても、写経しまくっても、他人のセールスレターを読みまくっても最初は驚くべきほどかけません。

「え、こんな難しかったけ・・・」と思うでしょう。知識としていくらしっていても実践すると上手くいかない。

こんなことはよくあることです。練習を繰り返さないとうまくいかないものです。

知っているを「できる」にするには、毎日練習をする必要があります。
なので、「コピーライティング」を知っている人はたくさんいても、「売れるセールスコピー」を実際に書ける人は、かなり少ないです。

僕が思うにもっとも効率が良い物事のマスターの方法は、

1.知識を得る
2.メンターをつける
3.練習してフィードバックをもらう

だと思っています。

知識をえたら、あとは実践あるのみです。しかし、自己流でがむしゃらにやっていてもダメな点になかなか気が付けないので、メンターを付けることは大切です。

メンターを付けることで、ダメな点を教えてもらえます。そこを治して、PDCAを回していきます。それを繰り返して物事はマスターできるのです。

とくに、文章に関してなかなか自己流でやっても身につかないので、誰かに添削してもらうのが一番いいです。
といっても、セールスレターの添削ができる人なんてほとんどいないんですけど(笑)

<会社勤めの日々にさよなら>

オンラインで手早く簡単に収入を得る道はもう開かれています。
利益を生み出すニッチを生成し、
何もしなくてもお金が勝手にじゃんじゃん入ってくる
驚くほどシンプルな秘訣とは?

>>詳細はこちらをクリック

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です