苫米地英人博士のストーリーテリング洗脳法 感想(編集中)

忘れずにクリックをお願いします



どうも、タイキです。

先日は、ストーリーテリング洗脳法を見たので

それについて感想を述べていきます。

まず、これは1時間30分ほどの動画です。

苫米地英人博士が偉そうな座りかたをしてしゃっべっています

sds

終始こんな感じです。

まあ、いいんですけど(笑)

別に音声にしてもいいだろとは思いましたね。

さて、このストーリーテリング洗脳法ですが、

内容がとっても難しかったので1度見ただけでは完全には理解できません。

メモを取るのが精いっぱいでした。

以下、メモした内容(これだけ見ても理解できないと思いますが、参考程度にどうぞ)

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

日本昔話は洗脳

物語は、ヒーローと敵がいる

ヒーローを善、敵を悪とすることで価値観を洗脳できる

ストーリーテリングの原型はギリシャ神話。

ギリシャ神話をたくさん読んでみる

言葉で表せない抽象度の高いメッセージをストーリーで仕込める

我々は、知っているものしか認識できない

ストーリーは、個の体験を通ずるものがある

ストーリーは、個人の経験の臨場感を表す

ゲシュタルトをまとめたのがストーリー

人が認識できないものでも1つの塊というストーリーにまぜると認識できる

漫画はストーリーテリングに線画を加えて臨場感を出しているため最強の洗脳方法

人は、線画の人物に対して自分と同一視できる

トランストーク・・・曖昧性を維持する

ストーリーテリング・・・プロットを作る

曖昧性を維持する

フレームの中断(この時に洗脳メッセージを仕込む)

我々の認識はゲシュタルトの塊でできている

カタレプシー

ストーリーテリングの中にゲシュタルトから離れた曖昧なメッセージを入れる

⇒内部表現の書き換え

曖昧性をもったストーリー

アイデアを見てはいけない

匿名性が高い

ネット検索は危険

本当に必要な情報はグーグルで出てこない

ゲシュタルトをずらしたところに、内部表現の書き込みをする

フレームの中断をするとカタレプシーが起きる

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

以上です。

意味がわからないですが、

あまり具体的な話はなかったです。

途中でグーグルを批判したりしていました。

一言でいうと、

ストーリーで相手のゲシュタルトをずらしてそこに洗脳メッセージを入れろということです。

ちょっと自分でもわけわかんなくなってきたので

後日まとめ直します。

タイキの自由になるための特別講座のご案内

48112177_624

現在、初心者からでもネットだけで

月26万円以上稼げる方法をメルマガにて無料で公開しています。

さらに、アフィリエイト初心者のために

初心者が月10万円を確実に稼げるようになるための

教材(12800円相当)を無料プレゼントしていますので、

興味がありましたら、下からどうぞ。

>>プレゼントを受け取る

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です