自尊心を高める方法。自尊心が低い原因は?おすすめ本や子供にも。

この記事は5分で読めます

ダウンロード

 

コピーライターのタイキです。

今日は、自尊心を高める方法について話していこうと思います。

 

ジェリー・ミンチントンさんというアメリカの成功者が

人が人生で成功できるか、失敗できるかはすべて

自尊心で決まるのだといっています。

 

著書

「心の持ち方」30万部突破のベストセラーです。

この本では、自尊心を高めることの重要性が語られています。

 

 

自尊心とは?意味は?

 

そもそも自尊心って何だと思われるかもしれないので

一応説明しておくと

 

自尊心

自分の人格を大切にする気持ち。また、自分の思想や言動などに自信をもち、他からの干渉を排除する態度。プライド。「―を傷つけられる」

引用:http://dictionary.goo.ne.jp/jn/97291/meaning/m0u/

 

要は、自分を大切に思う心ですかね。

 

自尊心が高いと自分を大切にしていて

自尊心が低いと自分のことを軽視していて、

 

「自分は価値がない。他人は私より優れている」

となってしまうわけです。

 

 

自尊心が低い原因は?

 

そしてなぜ自尊心が低く、自分のこと価値のある人間と思えないのか

というとそれは、幼少期の環境であったりします。

 

友達や両親に言われた言葉により、自分は無意識に価値がないと認識してしまうことも

多々あります。

 

そして一番多いのが、

両親が他人と自分を比較したこと。子供の褒め言葉を素直に受け取らなかったこと。

 

が子供時代から自尊心を低くしてしまう最大の原因となっています。

相手の自尊心を持ち上げるために、自分の子供と比較して優越感を感じさせることを

やっている人が多いですが、これは最悪なやり方です。

無意識に子供の自尊心を低くしてしまいます。

 

日本人の気質として謙虚なのが、美徳みたいな風潮はありますが、

褒め言葉に関してはそのまま受け取っておくべきです。

 

「いやいやそんなことないですよ」とか言わないで

「ありがとう」といえばいいのです。簡単な話です。

 

両親に他人と比較されるのもありがちですが、

これも自尊心を大きく下げてしまう原因となります。

 

子供が一番信用しているはずの両親から

他人と比較されて劣っているといわれるようなものなので

これはかなりのトラウマになります。

 

多くの親は気づかずにこれをやってしまっていますが、これが

子供の自尊心を下げてしまい、自分に自信が持てなくなってしまうのです。

 

絶対にやっていけないこととしては、

 

・子供の前で「他人と子共」を比較して相手を持ち上げること。

・褒め言葉を素直に受け取らず、謙遜すること。

 

です。

 

幼少期のこれらの原因により、子供の自尊心は大きく下がってしまいます。

 

 

自尊心を高める方法

 

とはいえ、「俺は両親のせいで自尊心が低いぜ」とか嘆いていても

何も変わらないので自分で自尊心を上げていく必要があります。

今からその方法に関して話していこうと思っています。

 

 

#1.他人と比較しない

他人が自分より優れていようと劣っていようと絶対に比較しては

いけません。この世に生まれてくる人間はみな何らかの個性を

持って生まれるのです。

すべて同じ条件で生まれ育ったわけではない限り、

ところどころに得意、不得意の差が出るのは当たり前なのです。

 

 

#2.失敗を学習のチャンスととらえる

多くの人が失敗に対してネガティブな考えを抱いていて

失敗=悪と思っていますが、それは違います。人は、確実に失敗します。

だからこそあなたが失敗という概念をどのようにとらえていくのかが大切なのです。

失敗は、「成功」への道のりに達成するための学習のチャンスととらえましょう。

失敗はするのが当たり前です。

あの天才発明家のエジソンですら、1万回以上の失敗をしていますが

彼はそれを学習のチャンスととらえて、失敗したことを悔やむのではなく

次に活かすことにフォーカスしました。

 

 

 

#3.他人の意見と同じくらい自分の意見も大切

多くの人は、「他人の意見は尊重しなさい」と教えられたことを勘違いして

自分より相手の意見を優先してしまいます。

しかし、他人もあなたもどちらも尊重されるべきなのです。

他人の意見に同意できないと思ったらそれを理解しつつも自分の意見を主張すればいいのです。

何も自分を押し殺すことをしなくても構いません。

 

 

#4.自己犠牲はしない

他人のために、自分をおろそかにするのもダメです。

この世の人間は、神の名の元に平等です。

自分も他人も同じくらい価値のある存在です。

まずは、自分を守って余裕があれば、他人を助けるのです。

自己犠牲をする人の心理として、

「自分は価値がない」と思っていて自己犠牲をすることによって相手から認められると

思わっているのです。自尊心が低いからこう考えてしまうのです。

それは間違いで他人に認められようとして自分を捨てる行為は

絶対にしてはダメなことです。

まずは、自分を守りましょう。

自分を守るのは自分。他人を守るのは他人です。

 

 

#5.根拠のない自信もつ

自信に根拠なんていりません。あなたは存在していることに自信を持ちましょう。

あなたが食事をし、服を買い、家に住むから

その分の仕事が生まれ、それで稼ぐ人が出てくるのです。

あなたも存在しているだけで社会とつながっているのでそれに自信を持っていいのです。

 

 

#6.自分の良い点に焦点を当てる

人は、完璧な存在ではないので必ず欠点はありますし、失敗もします。

そういうときんい自分の悪い点をみるのではなく、むしろ良い点にフォーカスします。

 

 

#7.他人の基準にあなたが合わせる必要もない、あなたの基準に他人が合わせる必要もない

多くの人が勘違いしてしまうのは、相手も自分と同じ価値観でスキルを持っていると

思ってしまうことです。

人間関係のトラブルというのは、「自分の基準」を相手に押し付けようとするからこそ発生します。

あなたができることを他人ができなくてもそれを責めてはならないですし、

他人が自分の基準をあなたに押し付けようとしたら、それは無視してもいいのです。

それで相手が起こってもそれは相手の問題であってあなたには関係ないことです。

他人に嫌われないようにして「他人の基準」に合わせようとしても

うまくいかない場合もありますし、そうしたところで感謝されるわけでもないのです。

 

 

 

#8.プライドが高いのはいいこと

多くの人が勘違いしているのですが、傲慢とプライドが高いのはまた別です。

他人に対して「自分の基準」を無理矢理押し付けようとするのはただの傲慢で

相手より「自分」を優先することがプライドが高いのです。

自分の基準を持ち、自分の生き方を貫く人間こそがプライドが高く、自尊心があるといえるでしょう。

こういう生き方をしましょう。

それであなたのことを嫌う人間がいてもそれはその人が「自分の基準」をあなたに押し付けようとして

怒っている傲慢な人間だからです。あなたの問題ではありません。

(あなたが何らかの集団に所属している場合は、その規則に従う必要はあります。国家、学校、会社のルール

は守る必要がありますが、他に関しては「自分の基準」で生きれば大丈夫です)

 

 

以上です。

大切なのは、

相手も自分も一人一人の人間として尊重するべきです。

そうすれば、自尊心も上がっていきます。

 

 

 

 

自尊心を高めるおすすめ本

先ほど前で紹介した「心の持ち方」というベストセラーがおすすめです。

 

>> 心の持ち方 完全版 (ディスカヴァー携書)

 

タイキの自由になるための特別講座のご案内

プレゼンテーション1
現在、初心者からでもネットだけで

月26万円以上稼げる方法をメルマガにて無料で公開しています。

 

さらに、アフィリエイト初心者のために

初心者が月10万円を確実に稼げるようになるための

 

教材(24800円相当)を無料プレゼントしていますので、

興味がありましたら、下からどうぞ。

>>プレゼントを受け取る

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. gatag-00009117
  2. ダウンロード (1)
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

このブログの管理人について(About Me)

_1_navi_small

Author:タイキ (taiki)

低賃金ウェイターとしてブラックアルバイトで苦しんでいた日々を送るが、ベストセラー本の「ユダヤ人大富豪の教え」を読んだことがきっかけで起業を目指し始める。

大学で専攻していた経営学が「机上の空論」であることを悲観し、マーケティング、セールス、コピーライティング、リベラルアーツなどを猛勉強する。

そして上智大学に通いながらも、20歳の時に、ITビジネスで起業。

現在は、アメリカの最先端のマーケティングおよび行動心理学を土台にし、自分が書いた文章から、自動的に富を生み出す仕組み【不労所得)を構築するマネタイズライターとして活動中。

自分が書いた文章が興味⇒信用⇒行動と人々を心理誘導させるため、自分が働かずとも報酬が発生してしまう不労所得システムが構築されている。

このブログの目的は、学校で教えてくれない新時代のオンラインノマドビジネスを布教し、仕事やお金のことで悩む人を1人でも多く減らしたいという理念を抱いている僕のアウトプットの場所として活用しています。

座右の銘は、「学びて富み、富みて学ぶ」。

インプット→アウトプットを繰り返し、成長する日々を送っている。

ちなみに、

ΣΟΦΙΑ(sophia )とは、ギリシア語であり、意味は

「人を望ましい人間へと高める最上の叡智」(上質な知恵)

である。

このブログの情報も「sophia 」たらんことを意識して発信している。

”God helps those who help themselves.” 
(天は自ら助くるものを 助く)

I'm a Christian. This is my bible

働かない、怠けることで逆に収入が上がってしまう!?

%e3%83%97%e3%83%ac%e3%82%bc%e3%83%b3%e3%83%86%e3%83%bc%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%b31

え?これが無料で(Free)

無料

Youtube

Facebook

おすすめ情報商材一覧

まだ買うな!