いつでもどこでも結果を出せる自己マネジメント術 ジョスリン・K・グライ 感想

この記事は4分で読めます

ビジネス書が好きなタイキです。

最近は、あんまり読んでいませんが、

 

それでもたまに書店に行くと

気になった本を立ち読みしたり、買ったりしています。

 

 

ちなみに、今日紹介する本は買ってはいません(笑)

が、内容は非常に良かったので忘れないようにすぐにここでアウトプット

して忘れないようにしておこうと思います。

 

その立ち読みしたほんとは、

 

「いつでもどこでも結果を出せる自己マネジメント術」です。

 

 

著者は、ジョスリン・K・グライさん。

 

ジョスリン・K.グライのプロフィール

アイデア実現のために、学校では教わらなかった「ミッシング・カリキュラム」を届けることを狙いとしたオンライン・ポートフォリオ・サービス「99U」を率いる編集長兼ディレクター。ウェブ業界のアカデミー賞とも呼ばれるウェビー賞の「ベスト・カルチュラル・ブログ」部門で2度にわたり賞を勝ち取ったウェブサイト「99u.com」の運営統括を行うとともに、ツイッター創業者のジャック・ドーシーやゼネラル・エレクトリックのCMOベス・コムストックなどが登壇する「99Uカンファレンス」のキュレーションおよび実行責任者を担っている

 

とのことです。

 

 

大切なのは、中身ですが何が書いてあったかというと

 

 

要約すると

 

・マルチタスクは悪

・重要なことは朝にやる

 

ということです。

 

この2つのことを意識してセルフマネジメントしていけば

確実に結果を出すことができるとジョスリン・K・グライさんはいっています。

 

 

なるほど・・・と思いつつもどこかで聞いた内容だと思いましたね。

 

説明しましょう

 

マルチタスクは悪

 

現代人のほとんどの人は、マルチタスクをしすぎです。

 

・仕事中にメールチェックをする。

・音楽を聞きながら車を運転する

・食べながら本を読む

 

などなど一つの作業を行うのでなく、

複数の作業を同時にこなしている場合が多く、しかもそれを

かっこいいと思っている人さえいます。

 

時間の節約になり、効率がいいと思っている人もいますが、

それは、大きな間違いで実際には、脳は2つのことを同時によりできるようには

できておらず、1つのことに特化して作業をすることで一番効率よく

エネルギーを消費せずに、結果を出せることができるのです。

 

 

マルチタスクをすると、脳にとってかなりの負担になる上に、

エネルギーも浪費し、その後やる気が出てこないという現象が起こります。

 

 

はっきり言うと、仕事ができない人はマルチタスクをしている人です。

 

仕事ができる人は、マルチタスクをせずに、1つの作業にフォーカスして

それを一気に終わらせます。

 

2つ、3つのことを同時によるのは、時間の効率にもなっていません。

むしろ脳に過剰な負担をかけています。

 

仕事ができる人は、1つのことにフォーカスします。

 

重要なことは朝にやる

人の意志力というものは、朝に一番ある。

そして時がたち、夜になるにつれてすり減っていきます。

 

ですので、一番大切なことは、朝にするべきです。

特に、目が覚めて2時間以内は、クリエイティブな仕事をするのに

最適であると研究で判明したそうです。

 

もちろんマルチタスクなんてせずに、1つの重要なことを順番に終わらしていくのです。

メールチェックなんて朝起きてすぐにするものではありません。

 

仮に、朝変なメールが来ていたらそれだけでやる気なくなりますよね?

それだけは、避けたいです。

 

僕は、昼にします。

大切なことは、朝に一気に終わらせて、どうでもいいことは後で行うのです。

 

メールなんて数時間程度の差はどうでもいいです。

本当に急ぎなら電話してくるでしょう。

 

多くの人は、無駄なことにエネルギーを浪費しているからなかなか結果が出せないのです。

きちんと「自分をマネジメント」しましょう。

 

以上2つの自己マネジメントです。

あまり、ここで多くを語ると本を読まなくなると思うので後は、
「いつでもどこでも結果を出せる自己マネジメント術」を手に入れてください。

 

 

費用対効果の面でも手に入れて損はしない1冊です。

今回のような自己マネジメント術を知っているかどうかで

仕事の出来にも大きな差がでてくると思いますので

最終的に稼げる金額も大きく変わってくるでしょう。
追伸
新Video:

10年後食える仕事、食えない仕事

>> ビデオを見る

twsh-site2

 

このビデオでは、政府の統計データや
オックスフォード大学の調査結果など、
複数の信頼できる情報源を元に、

 

・10年後にどんな仕事をしている人が
 食えなくなってしまう可能性が高いのか?

 

・あなたの仕事を食えないものしてしまう
 3つの大きな原因

 

・そして、どんな仕事をしていれば食いっぱぐれることなく、
 しかも、収入を大きく増やすことができるのか?

 

ということをお話します。

>> ビデオを見る

 

もちろん、これは10年後の話です。

ですので、100%当たるとはいえません。

ですが、これからお話する内容は、
統計データに裏付けられものです。

 

そして「ある仕事が食えなくなってしまう」という兆候が
すでに現実になっているものについてお話します…

>> ビデオを見る

 

もし、あなたがこの仕事を今しているなら10年後は

家族もろとも家を追い出されてホームレスになっているかも

しれません・・・・

今のままでは危険です!

今すぐビデオを見てください

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

このブログの管理人について(About Me)

_1_navi_small

Author:タイキ (taiki)

低賃金ウェイターとしてブラックアルバイトで苦しんでいた日々を送るが、ベストセラー本の「ユダヤ人大富豪の教え」を読んだことがきっかけで起業を目指し始める。

大学で専攻していた経営学が「机上の空論」であることを悲観し、マーケティング、セールス、コピーライティング、リベラルアーツなどを猛勉強する。

そして上智大学に通いながらも、20歳の時に、ITビジネスで起業。

現在は、アメリカの最先端のマーケティングおよび行動心理学を土台にし、自分が書いた文章から、自動的に富を生み出す仕組み【不労所得)を構築するマネタイズライターとして活動中。

自分が書いた文章が興味⇒信用⇒行動と人々を心理誘導させるため、自分が働かずとも報酬が発生してしまう不労所得システムが構築されている。

このブログの目的は、学校で教えてくれない新時代のオンラインノマドビジネスを布教し、仕事やお金のことで悩む人を1人でも多く減らしたいという理念を抱いている僕のアウトプットの場所として活用しています。

座右の銘は、「学びて富み、富みて学ぶ」。

インプット→アウトプットを繰り返し、成長する日々を送っている。

ちなみに、

ΣΟΦΙΑ(sophia )とは、ギリシア語であり、意味は

「人を望ましい人間へと高める最上の叡智」(上質な知恵)

である。

このブログの情報も「sophia 」たらんことを意識して発信している。

”God helps those who help themselves.” 
(天は自ら助くるものを 助く)

I'm a Christian. This is my bible

働かない、怠けることで逆に収入が上がってしまう!?

%e3%83%97%e3%83%ac%e3%82%bc%e3%83%b3%e3%83%86%e3%83%bc%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%b31

え?これが無料で(Free)

無料

Youtube

Facebook

おすすめ情報商材一覧

まだ買うな!