社長の生産性を上げるシステム思考術評判レビュー サム・カーペンター

コピーライターのタイキです。

今日は、「社長の生産性を上げるシステム思考術」という本に関しての

評判レビューについて話していきます。

こちらの本ですね。

ダイレクト出版が販売している洋書翻訳です。

bws

著者は、サム・カーペンター。

彼の労働時間は慢性的に週80時間、多い時で週100時間を超えていたのですが、

「社長の生産性を上げるシステム思考術」にて公開されている秘密により

週にわずか2時間程度にまで大幅に減少し、

さらに彼の会社の収益は20倍以上に増加したのです。

労働時間が減り、なおかつ会社の収益も上がるというにわかには信じがたい

ことをやってのけています。

その秘密が公開されたのが、この「社長の生産性を上げるシステム思考術という本です。

働きすぎのあなたへ

ほとんどの人は、労働時間が増えれば増えるほど

収益も上がると考えていますが、実はそれは間違いです。

80対20の法則というものがあります。

これは、仕事の2割が8割の収益を生み出し、

仕事の8割が2割を生み出すという法則です。

f31f8456

ちょうど、この図のように、仕事の2割が成果の8割を出すという

衝撃的な法則です。

結論からいうと、労働時間が長いのに、なかなか成果が出ない人は、

80対20の法則における、仕事の2割の成果を生み出す、80%のことしてしまっています。

つまり、あなたがやらなければいけないことは

仕事の8割の成果を生む2割にフォーカスすることです

それ以外は、人に任せるべきです。

本当に大切な仕事だけをあなたがこなして、ほかのたいして重要でもない仕事は

他の人間に任せるのがいいのです。

1日の時間は限られています。

会社の中で一番優秀なあなたは、

本当に重要なことだけにフォーカスしていれば、いいのです。

この「社長の生産性を上げるシステム思考術」という本では、

大きく分けて2つのことに関して公開されています。

それは、

・あなたにとって重要でない仕事を他人に任せること

・80%の利益を生み出す2割の行動をマニュアル化して誰でも迅速に行動できるようにすること

です。

これらの秘訣を知っているからこそ、

サム・カーペンター

サム・カーペンター(Sam Carpenter)

という男は、週2時間労働で収入20倍という常識外れのことを

達成したのです。

この秘訣を知って労働時間を減らし、なおかつ会社の収益を増やしたい社長は

「社長の生産性を上げるシステム思考術」を一度購読してみてください。

>> 「社長の生産性を上げるシステム思考術」の詳細

(90日間の返金保証付き)

このまま馬車車のように働いても収入は伸びません・・・

今のやり方を続けていても

収入が伸びないことは、もちろん労働時間が減ることもないでしょう

プロの仕事管理術を学んだ方があなたの生産性もはるかに上がるのです

この本を読んでみて、収入が増えて、時間が空くのがあなたにとって最も最善な道です。

このまま時間もお金もない状態に身を置き続けるのは、あなたの精神的にもよくないはずです。

>> 「社長の生産性を上げるシステム思考術」の詳細

(90日間の返金保証付き)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です