団塊シニアマーケティング容赦なき戦略評判レビュー。ダンケネディ

コピーライターのタイキです。

今日は、「団塊シニアマーケティング容赦なき戦略」

という本に関しての評判レビューに関して話していこうと思います。

こちらの本です。

bsi

ダン・ケネディが書いたとなると注目せざるを得ません。

基本的に、ダンケネディの本は一般書籍であろうと

ダイレクト出版が販売している本であろうと外れはありません。

どれも一定のクオリティを保っています。

団塊シニアマーケティング容赦なき戦略について

題名でわかると思いますが、この本は

団塊世代と言われる人たちを対象にしたマーケティングについて解説

したものです。

ちなみに、団塊世代とは

第二次世界大戦直後の1947年(昭和22年)~1949年(昭和24年)に生まれた人たちです。

今(2016年)では、70代でしょうか、

この本が出た時も踏まえて考えると

65~75歳くらいの人たちのことを言っているのでしょう。

年齢的には、学生運動をして

会社に定年まで勤めて退職金、年金をもらっているというのが

ターゲットでしょう。

今はともかく、この世代の人たちは、退職金、年金に関しては

沢山受け取っている人が多いです。

今は、残念ながら退職金、年金は期待できなさそうなのですが、

この世代の人たちは、年金、退職金はきちんと受け取ることができています。

それは、年功序列や高度経済成長の時代だったからです。

まあ、今とは明らかに違う時代だったのです。

そんな人たちは、人数も多いですし、お金も割と持っています。

どこの国もそうですが、若者は金を持っておらず、

年寄りが金を持っているのです。

日本の金融資産は約1600兆円とされますが、

この内の6割以上をシニア層が保有していると言われています

シニア層は、日本には、4人に1人。3000万人います。

多すぎだろ・・・と思われたかもしれませんが、

少子高齢化が進んでいるのと、団塊世代の人は、ベビーブームの時代だからですね。

つまり、4人に1人。

さらに、金融資産の6割を持っている団塊シニア層は、

ビジネスをするにあたって注目するべき層でしょう。

少子高齢化は、悲しいですが、

お年寄りがお金をため込んで死ぬのもまた可哀想なので

この層の人間に対してビジネスをするのは、いいことです。

団塊世代の人間の特徴

ダンケネディは、団塊世代と呼ばれる人たちの特徴を以下のようにいっています。

  • 団塊シニア層は保守的ゆえ、彼らの行動は予測可能
  • 保守化の傾向がそうすぐに変化することはない
  • 団塊シニア層では女性が財布のひもを握っている
  • かなりの資産を持っているが十分ではないためお金の不安がある
  • 優良顧客を紹介してくれる能力が高い

ということです。

これらの特徴を理解して、どんな商品、サービスを彼らに売っていくのか

しっかりと戦略を立てる必要があります。

ターゲットは、たくさんいてお金も持っています。

彼らに、何のサービスを売り込んでいくのかという話ですね。

ちなみに、僕のメルマガでは「アフィリエイトで稼ぐ方法」を公開しているのですが

意外とシニア層の人たちが多いです。

年金が少なくて、お金に不安があるため、

ネットビジネスに参入したいと考えているそうです。

つまり、

「お金稼ぎ系の商品、サービス」もシニア層には売れるわけです。

お金がないという不安、問題があるのでそれを解決できる商品、サービスを提供できれば

ビジネスが成り立ちますね。

この「団塊シニアマーケティング容赦なき戦略」では、

どんな商品をどのようにシニアの人たちに、売り込むのかが詳しく解説されています。

>> 「団塊シニアマーケティング容赦なき戦略」の詳細

追伸

ビジネスでは、リサーチというのが大切です。

見込み客が何に悩んでいるのか、問題を抱えているのか

聞き出すのです。そしてそれを聞き出してそれを解決する商品、サービスを

作って売ればいいのです。若者でも団塊世代の人たち相手でもこれは一緒です。

「相手の悩み、問題を解決できる商品、サービスを提供する」ことです。

これさえできれば、スムーズに売り込みもできます。

ここら辺の詳しいことは、この本を読めばわかってくるでしょう。

>> 「団塊シニアマーケティング容赦なき戦略」の詳細

(90日間の返金保証付)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です