1. TOP
  2. おすすめ本
  3. 人間関係の本でおすすめランキング。職場の人間関係でストレスを感じるあなたへ

人間関係の本でおすすめランキング。職場の人間関係でストレスを感じるあなたへ

 2015/11/09 おすすめ本 この記事は約 8 分で読めます。

 

 

どうも、「プロ」ネオニートのタイキです。

 

僕は、本に関しては人1倍読んできましたので

あらゆる分野でお勧めを上げる事ができます。

 

本は、たくさんありますが本当に役に立つ名著は少ないのです。

時間を無駄にしないためにも、

 

今回は、職場の人間関係のストレスに悩むあなたへ

おすすめの本や読むべき人気な本、名著などをを紹介していきます。

 

人間関係のおすすめ本ランキング

 

1.思いと実現の法則 ウォレス・D.ワトルズ

 

なんだ自己啓発本じゃないか!

と思われるかもしれませんが、

 

人間関係で起きるストレスやトラブルは

自分の内面にある、目を避けているところ、悪いと思っていることを

他人がしているからこそ起きるものなのです。

 

つまり、自分の内面を変えて穏やかで寛大で公正でいれば

人間関係のトラブルはぐんとへり、ストレスに悩まされることは

なくなります。

 

そういう意味でもこの思いと実現の法則 ウォレス・D.ワトルズは、

自己啓発本ですが、自分の内面を変えるため、自分を進化させるため

人格を磨くためにもぜひとも読んでいただきたい1冊です。

 

あいつがムカつくとかあいつとは気が合わないとか

そういうところに目がいくかもしれませんが、

その前に、自分を進化させて偉大な人間になるという選択をしてみては

どうでしょうか?

 

 

2.話す技術、聞く技術 ダグラス・ストーン

 

全米で70万部を突破したベストセラーです。

ハーバードの権威がコミュニケーションに関して

書した名作となっています。

 

人間関係では、コミュニケーションが苦手という方や

深い人間関係を構築していきたいとお考えのあなたには

おすすめです。

 

ページ数も500Pくらいあるので、かなり分厚いです。

日本でもコミュニケーションの本はたくさん出ていますが、

これを読んだらそれらを読む必要はありません。

 

質と量、どちらの面からでも満足できる1冊です。

この手のコミュニケーション本は、何回も読んで

自分の血肉としていくことをおすすめします。

そうすれば、たった2000円程度ですが、

死ぬまで使えるコミュニケーション能力が付きます。

人間関係に悩んでいる方は、この本でコミュニケーションに

関して学んでみてください。

 

 

3.嫌われる勇気 岸見 一郎 (著), 古賀 史健 (著)

 

日本でもベストセラーになった嫌われる勇気です。

アドラー心理学を対話形式でわかりやすく解説されている

名著です。

アドラー心理学は、個人心理学と呼ばれています。

この本は、10回は読み直しました。

人に嫌われることを恐れている方などは、

これを読んでみてはどうでしょうか?

 

多くの人は、他人の目、周りの目を気にしすぎなのです。

 

 

4.人を動かす D・カーネギー

言わずと知れたD・カーネギーの名著です。

人間関係の極意が詰め込まれています。

テクニック集みたいなものです。

人間関係のテクニックでこれを超える本は、ないと断言できます。

 

ちなみに、アメリカのとある保険の訪問販売の企業では、

研修で営業マンにこれを読ませたところ

売り上げが5倍以上になったとも言われています。

 

・人間関係が上手くいかない

・相手と円滑な関係を構築したい

・嫌いな人間がいるが、そいつと何とかうまくやっていきたい

・深い人間関係を構築したい

 

 

という方におすすめの本です。

 

 

5.敵を味方に変える技術 ボブ・バーグ

現代のデール・カーネギーと呼ばれるボブ・バーグが書いた

現代版「人を動かす」です。

この本を読んでいれば、人間関係、コミュニケーションで悩むことは

減るでしょう。「人を動かす」を読んでから読むことをおすすめします。

「人生の成功の9割は対人関係にかかっている」と著者は、実体験より

語っています。これは、ぜひとも身につけておきたいですね。

これ以上の本は、なかなかないと思います。

 

 

6.ピープルスキル ロバート ボルトン

この本は、1979年の刊行以来、今なお増刷をするほどの

ベストセラーです。主に、コミュニケーション心理学について書かれた本です。

かなり分厚く、500ページを超えます。

文庫版も出ていますが、それは内容が大幅にカットされ、300ページぐらいのものと

なってしまっているのであまりおすすめできません。

買うならば、単行本をおすすめします。

 

 

まとめ

以上、6つの本をおすすめします。

迷ったら上から順番に読んでほしいですが、

できれば、全部読んでください。

 

特に、人間関係なんて人生で一生ついて回ることですからね。

できるだけ若いうちに、本を読んでノウハウを吸収しておくことで

その後の人間関係が豊かになっていくと思います。

 

この世の中は、結局は人とのつながりで成り立っています。

誰も一人では生きていけません。

コミュニケーションを円滑にとれるようにすることは

もはや1つのスキルなのです。

 

コミュニケーション力は、一度身に着けたら、一生死ぬまで使えるので

早いうちに、人間関係に関する本を読んでおきましょう。

 

 

追伸

 

心理学&経営学の大学教授が特別公開!
一瞬で自分に好意をもってもらい、相手の信頼を勝ち取り、
不安なく会話をしたり、ビシネスを進められる、、
20年以上効果実証済みの科学的コミュニケーション

 

すぐに他人から好かれる人嫌われる人

 

 

 

 

この記事を読んだ人には、こちらの記事もおすすめです。

 

>>働くこと自体向いてないという人が社会で居場所を見つけて生きる方法

>>日本の就活は気持ち悪い、おかしい。狂ってる理由

>>会社勤め自体が向いてない人におすすめの会社員以外の生き方

>>人生に迷った時は、友人、恋人と縁を切って、会社を辞めてみよう。

>>経済成長は人々を幸せにしない。(セルジュ・ラトゥーシュ氏の脱成長経済について)

>>ブロガーのビジネスモデルはきつい。既に飽和状態。

>>今日は特別に本当に稼げる方法を教えます!

>>会社に縛られたくない人へ。時間や場所に縛られない働き方をしてみませんか?

 

この記事のタイトルとURLをコピーする

\ SNSでシェアしよう! /

リベラル・ライフ(liberal life)の注目記事を受け取ろう

NO IMAGE

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

リベラル・ライフ(liberal life)の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

関連記事

  • シリコンバレー式 自分を変える最強の食事。デイヴ・アスプリー、感想

  • 苫米地英人さんの本でおすすめは?これだけは必読です。

  • コピーライティング本おすすめ!初心者が勉強用に・・・

  • ウェブ・セールスライティング習得ハンドブック。レビュー寺本隆裕

  • うまくいっている人の考え方感想要約まとめ完全版ジェリー・ミンチントン

  • ハイパワーマーケティング要約まとめ。ジェイエイブラハム。書評