伝説のコピーライティング実践バイブル感想レビュー書評 ロバートコリア―

こんにちは、コピーライターのタイキです

先日新たなコピーライティングの本を読みました

ロバートコリア―の伝説のコピーライティング実践バイブル

―史上最も売れる言葉を生み出した男の成功事例269です

これですね。

およそ700ページにも及ぶ分厚い本です。

さらに、値段も5000円と割高です。

ですが、これはもともと500ドルで売られていた情報商材であったそうです。

若き神田昌典さんは、それと送料で8万円をはたいて購入したとのことです。

そう考えると異様に安くお買い得に思えてくるから不思議ですね。

伝説のコピーライティング実践バイブル感想

著者のロバートコリア―さんは、

COLLIER

コピーライターなんですが、どちらかというと自己啓発の分野で

有名な成功哲学の権威です。

ザ・シークレットでも紹介されています。

絶版になっていますが、自己啓発の本もあります。

こちらの、望むものをひきよせる 心と宇宙の法則です。

評判はかなりいいので、もしロバートコリア―さんに

興味があったり、自己啓発が好きな方は一度読んでみてください。

さて、この伝説のコピーライティング実践プログラムなんですが、

1937年刊です。

当然、そんな時代にインターネットなんてありませんでしたので

これは、通販で成功したDMの事例集です。

成功例、失敗例、大成功例、伝説例といろいろありますね。

では、これを写経用、スワイプファイルに使えるのか?

と言われると少し微妙なところです。

やはり、いくらなんでも古すぎて言い回しがおかしく感じたり、

そのまま使うと違和感を感じると思います。

ですので、パクる用のスワイプファイルとしては機能しないと

僕は思っています。

これを写経用とか言っている人がいますが、

同様の理由で向いていません。

では、この分厚い本をどのように使うべきか?

というと、

成功例、失敗例のセールスレターを読んでみて

なぜそれが成功したのか、失敗したのか

考えてみることに価値があります。

セールスレター事例の後に、ロバートコリア―が解説していますが

その前に自分でコピーを読んでこれは何が良いのか?悪いのか?

と思考することに価値があります。

時間がかかりますが、こうすることによってコピーライティングのスキルは

さらに磨かれていくと思います。

さすがに、古いといっても人の心理は100年で変わるものではないのです。

この本をおすすめできるのは、ある程度コピーライティングのスキルを学んだ人です。

初心者の方には、絶対におすすめできません。

コピーを見て

なぜこれが売れたのか?

失敗したのか?

考察できるレベルであれば、本書は絶大な威力を発揮するでしょう。

タイキの自由になるための特別講座のご案内

プレゼンテーション1
現在、初心者からでもネットだけで

月26万円以上稼げる方法をメルマガにて無料で公開しています。

さらに、アフィリエイト初心者のために

初心者が月10万円を確実に稼げるようになるための

教材(12800円相当)を無料プレゼントしていますので、

興味がありましたら、下からどうぞ。

>>プレゼントを受け取る

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です