お客が集まるチラシの作り方。集客できるチラシ

コピーライターのタイキです。

今回は、お客が集まるチラシの作り方について

話していこうと思います。

集客の手段としてチラシを使う企業は、多いですが

そのほとんどがまともに集客することができずに

悩んでいます。

その理由は、何かというと人はそもそも広告を無視する

ということを前提にして作っていないからです。

あなたのお客は、脳が麻痺しています。

東京に住んでいる人は、1日3000~5000もの広告を

見ているそうです。

ただ、見ていてもほとんど認知していないのが実情です。

広告があふれかえりすぎて、そもそもまともに見てくれないのです

見込み客は、椅子に座って眼鏡をかけて、コーヒーを飲んで

じっくりとあなたのチラシを見てはくれません。

むしろ、捨てます。

パッと見て自分にとって利益がなさそうだと判断した場合は

すぐに捨てます。

では、どうすればチラシを読んでくれるのかというと

チラシ自体を、コンテンツにして価値のあるものにしていくことです。

ほとんどの企業のチラシというのは、

読んでもメリットがないのです。

商品の説明、ベネフィット、値段、お問い合わせ

しかありません。

こんなチラシは、読んでも意味がありませんので

見込み客には、直ぐに捨てられます。

チラシの集客で一番大切なのは、

まずは、記事のニュースみたいな見出しで注目を浴びさせて

それから、見込み客が知りたい、興味深い情報を提供します。

そして最後に、少し無料サンプルをお渡しします

とお問い合わせのクロージングをすればいいのです。

割合としては、

コンテンツ:セールス=9:1

くらいでいいです。

「それで大丈夫なのか?」

と思われるかもしれませんが、

まず、チラシを読んでもらうために必要なことだと理解しておいて下さい。

ほとんどのチラシは、読まれずに捨てられるのです。

その壁を超えて、読んでもらい、コンテンツを提供し、

最後にセールスにつなげます。

そしてここでのポイントは、コンテンツもセールスでなければ

いけないということです。

どういうことかというと、

チラシで提供するコンテンツは、その売り込む商品が欲しくなる

情報でなければいけないということです。

例えば、

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

遂に、食べながら痩せられるダイエット方法が判明!!

朗報です!

痩せるには、食べるのを我慢しなければならないとお考えですか?

痩せるためには、○○を朝に摂取する必要があります。

これを摂取した人は、1日3食食べてもなんと体重が1週間で1.3キロの

減量したのです。この○○を朝に、摂取すればあなたも空腹を我慢せずに

無理なく痩せることもできます。

ただ、問題がありまして○○は、天然の食材から得ることは難しいということです。

ミャンマーの希少な食材でしか摂取できないのでこれを毎朝というのは

いくらなんでも難しいと思います。

ですから、サプリメントで摂取するのが一番いいでしょう。

そこで朗報なのですが、そのサプリメントが完成しました。

これを販売するつもりですが、その前にまずはこれを見ているあなたに

サンプルをお試ししてほしいのです。

サンプルのお試しを希望する方は、

09-2987-0000まで

(電話番号は適当です。)

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

こんな感じで見出しで注目を浴びて

それからコンテンツを提供して、最後にクロージングします。

大切なのは、コンテンツがセールスであるということです。

コンテンツは、見込み客を教育する手段です。

商品を買うための判断に必要な情報をこちらが提供します。

それからセールスですね。

集客⇒教育⇒販売

の流れです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です