底辺youtuberの実態と末路。なぜ彼らは稼げないのか?2chまとめユーチューバー

コピーライターのタイキです。

底辺youtuberと言われる方がいます。

HIKAINなどに憧れてyoutubeに

参入したものの、なかなか稼げていないyoutuberのことです。

彼らの実態は、悲惨です。

「Youtubeで飯を食っていこう!」

と夢を持って脱サラしたものの、

再生回数が伸びず、チャンネル登録者が増えず

当然アドセンス収入もたいして入らず、

退職保険も尽きて、貯金もそこを突きかけてきて

転職先の職場の面接で

「なぜ前の会社を辞めたのですか?」

という質問に

「Youtuberになりたくて脱サラしました・・・」

と答える羽目になります。

(もちろんここは、素直に答えるべきではないと思いますが)

さらに、一度Youtuberを目指して脱サラしたのにも関わらず

就職するという選択肢は精神的にもかなり辛い状況だと思います。

まず、僕からいえるのはYouTuberというのは芸能人と同じで

売れるか売れないかがはっきりと分かれ、そしてあまり効率のいいビジネスではないということです。

どういうことか説明していきましょう。

人気Youtuberと底辺Youtuberの違い

まず、売れているYoutuberと底辺Youtuberを比較すると

そこには、明らかな違いがあります。

それは、

・キャラクターが立っているか

・こなれた話し方

・動画編集スキル

・ルックス(視聴者に不快感を感じさせない)

です。

動画の内容には、そこまで差がなく

どこで差がついているのかというと、

それは個人のスキルです。

まず、キャラクターですね。

このキャラクターが気に入られるとファンができてチャンネル登録者も増えますが

これがあれだと、ファンはできません。

特に、話し方と顔ですね。

ここら辺は、芸能人と同じです。

一発売れるか外すかは、大衆次第です。

つまり、自分の力でコントロールできる範囲を超えています。

もしも、ルックスが最低だったらその時点で土俵に立てないですし、

立てたとしてもお笑い芸人的な立ち位置を確保するしかありません。

顔出し、声出しはかなりのリスクがあります。

話し方と動画編集は自分でコントロールできますが、

多くの人に受け入れられるキャラクターかどうかは

完全に自分でコントロールできるものではありません。

今、売れているYoutuberもたまたまそのキャラクターが大衆に受けたというだけであって

自分の実力でコントロールしたわけではないのです。

芸能人が顔だけで売れるわけではないのと同じで、

ルックスがよければ、Youtubeで稼げるというわけでもありません。

そこには、様々な要因や運が絡んでいるのです。

売れるYoutuberを目指すのは、アイドルを目指すのと同じ

つまり、完全に自分の実力だけで成り上がれるものではないのです。

最近のYoutuber業界では、コネも重要な要素になってきていますよね。

例えば、一回大物Youtuberの動画に出演させていただければ、

それだけで注目を浴びる可能性も出てきます。

実際にそれで売れたYoutuberも沢山います。

UUUMとかいうYoutuberの事務所があるはずですが

そこで売れているYoutuberはコネを作っています。

初期の頃と異なり、

実力

ルックス

コネ

すべてが要求されるようになった非常に厳しい世界です。

ここで勝負できる人は一部しかいないと思います。

はっきり言って人気Youtuberになりたいというのは、

アイドルを目指すといっているのと同じです。

もはや個人が簡単に成り上がれる、土俵ではないのです。

自分でコントロールできるビジネスをやる

大切なのは、ビジネスをする際は、自分の実力でコントロールできるものを

やるべきだということです。


%e3%83%97%e3%83%ac%e3%82%bc%e3%83%b3%e3%83%86%e3%83%bc%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%b31

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です